嬉しいことにベラジョンカジノで大当たり!でも税金が取られるので注意しましょう

嬉しいことにベラジョンカジノで大当たり!でも税金が取られるので注意しましょう

ベラジョンカジノは非常に有名なオンラインカジノとして知られており、国内では公営の競馬や競輪、ボートレースなどを楽しむことができますが、カジノを楽しむにはこのようなオンラインカジノに法的には限定されています。競馬などのファンも多数いる中、カジノの場合ではパソコンやスマートホンを利用して遊べるので、24時間いつでも利用できることにメリットを感じられます。

ベラジョンカジノは比較的勝ちやすいとも言われているものですが、普通の勝ちから大当たりを出した際には、賭けた金額により違いはあるものの、一獲千金に近いお金を得ることも決して不可能ではありません。収入を少しでも増やしたい方には魅力的な存在でもあり、手軽に大儲けをするには最適かもしれません。しかし、ベラジョンカジノを代表とするようなオンラインカジノでは、原則として全ての勝ち金を得ることはできないルールです。税金が発生する条件というものがあるので、この点を事前にしっかりと把握した上で楽しむことが大切です。税金の支払いを怠ってしまった場合は、脱税に該当するので追徴課税を支払うことが必要です。そうなる前に知識を持っているとより一層安心して楽しめます。

競馬や競輪などの公営系の場合は、あまり税金について気にしている方は少ない傾向にあります。その理由として、このタイプの賭け事では支払金は窓口で現金で受け取りをするスタイルになるので、口座などに記載されてしまうことがありません。非常にグレー的な内容ですが、実質上全てを取り締まることができないということが正しい見解です。ベラジョンカジノの場合は、勝ち金が銀行口座に振り込まれることに限定をしているので、自動的に銀行側に知られてしまいます。その結果として税金を支払う必要が出てしまい、入金された証拠を隠すことができません。

ただし、条件というものがあり、50万円未満の勝ち金であれば、特別控除額の範囲になるので課税されることなくそのままお金を受け取ることができます。計算方法は意外と簡単で毎年1月の1日から12月の31日までを1年として計算します。この1年間に勝った額面が計算されるのですが、ベラジョンカジノの利用者は、その都度パソコンソフトなどを利用して帳簿を付けておくと便利です。例えば10万円を賭け金にして70万円の大当たりをゲットできた際には、収支は60万円です。同じように10万円を費やして30万円の負けが生じた際には0円としてカウントされます。課税対象になるのは費やした費用を差し引くことではなく、勝った際の収支だけを計算する方法なので、いくら負け込んでも経費にすることはできない条件です。1年をトータルして50万円以上の勝ちを得た際には、翌年の確定申告を行うことが必要です。